2022年4月22日

2022年4月20日

2022年4月15日

準備中

イラスト
ただいま準備中です!

もうすぐ完成いたしますので、お楽しみに!

2022年4月14日

エビスハウスSDGsに取り組んでいます

_DSC5679 1.jpg

エビスハウスは、持続可能な未来のためにSDGsに取り組んでいます


sdgs_rogo.png

SDGsとは、2030年までに地球規模の課題を解決するべく、17のグローバル目標と169のターゲットからなる国連の持続可能な開発目標。2015年9月の「貧困に終止符を打ち、持続可能な未来を追求すること」をあげて国連総会で採択された世界共通の目標です


sdgs_main.png

エビスハウスでは、国連が推奨する持続可能な開発目標につなげ、建設業として地域社会の課題を抽出しそれからの課題の解決と共生をしていく事業を積極的に推進していきます。

sdgs_03.png すべての人に健康と福祉を
環境性能に優れた住宅は健康を増進する
温熱環境の優れた住まいを提供する事で子供から高齢者までが健康で生活でき、子供たちは感性豊かに育ち高齢者はいつまでも社会との関わり合いが保て、共働き世帯の助けとなる。 そうする事で世帯の収入が増え、子供たちの教育の充実、少子化の改善に伴ない消費が促され、雇用の創出にも
繋がり高齢者の福祉にも寄与出来るようになる。
sdgs_05.png ジェンダー平等を実現しよう
男女の不平等をなくすことで可能性が広がる エビスハウスでは、スタッフの半分以上を女性スタッフが占めています。会社では女性が働きやすい環境を整えています。それにより仕事と家庭の両立や、子育てがしやすくなり業務効率のUPに個々のスキルUP、プライベートの充実、子供の教育等に充実した時間が確保しやすくなり雇用の創出にも繋がっています。
sdgs_07.png エネルギーをみんなに
そしてクリーンに

限られた資源を有効に平等に利用し、住宅においての炭素排出量を削減する
住宅において建設時、居住時のエネルギーの消費を極限まで抑える工夫をし、パッシブデザインにより
冷暖房負担を減らし省エネルギーに努める。
積極的な再生可能エネルギーの使用によりエネルギー時給率を向上させ低炭素住宅、ZEH+LCCM住宅の普及に努める。
sdgs_07.png 住み続けられるまちづくりを
そしてクリーンに

住宅建設を工夫して、人口減少の日本においてより良いまちづくりを行う
2008年以降人口減少している日本において、耐久性が低く長期に渡り使用居住できない住宅は建てるべきではありません。
また、空き家等は築浅については躯体や温熱の改善型リノベーションを施し再活用し、耐震性能の改善が見込めない建物については残念ながら解体撤去し高耐久住宅に建て替える事で新築の促進と持続可能なまちを形成する。
sdgs_07.png つくる責任 つかう責任
そしてクリーンに

住宅の建設時、居住時、解体時までの一生涯の中で環境に負荷を与えない事
最終エネルギー消費は1973年以降家庭部門で2倍以上に伸びています。
割合だと全エネルギー消費量(PJ)の14.4%で、全体に占める割合が大きくはなくとも、家庭部門は今後省エネルギーを進めていく上で最も重要な部門です。
何故なら、それらに係る住宅建設は省エネルギーの実践に直接関与できるところだからです。
よって低炭素住宅、ZEH+、LCCM住宅の普及や建設に努める事が重要だと考えます。

sdgs_mb_13.png


気候変動に具体的な対策を

住宅の建設時、居住時における温室効果ガスの排出量を減らす
住宅の建設時に資材や資材調達、建設工法に工夫を凝らし、居住時には断熱気密性能の高い住宅に住まう事で温室効果ガスの排出を減らします。
又再生可能エネルギーを積極的に採用する事により、化石燃料の使用をなるべく少なくする。
居住者として、個々で出来る事を考え気候変動に対するレジリエンスを構築しましょう。




sdgs_mb_15.png

陸の豊かさも守ろう

持続可能な形で森林を管理し土地の劣化を食い止める
日本での森林面積は国土の約66%。そのうち4割が人口林です。
県産材を積極的に使用する事で、持続可能な供給源を利用した地産地消が実現。
こうした取り組みは森林の破壊と劣化を防ぎ生物種の生息や淡水の水質改善、
土壌浸食や土地の劣化低減そして大気中への炭素排出量も抑える事が出来るでしょう。




sdgs_mb_17.png

パートナーシップで目標を達成しよう

目標達成のために持続可能なパートナーシップを活性化させる
私たちは、家を建てるお施主さまや協力業者をはじめ係る全ての人たちとパートナーシップを結び、
また、地域のコミュニティーでSDGs達成に向けたアクションを働きかけや、活動への参加など、目標達成に向かい積極的に努めてまいります。




「エビスハウスSDGsに取り組んでいます」続きはこちら

2022年4月11日

これからの住宅に知っておきたい5つのポイント

_DSC5679 1.jpg

これからの住宅に必要な基準ってナニ?

くわしく解説!


-POINT-パッシブ設計とは???
★自然の力を最大限に活かす設計です★

passive_main02.jpg

パッシブ設計とは、なるべく冷暖房に頼らず、 太陽の光や熱、風といった「自然エネルギー」を 利用して、地球環境への負担を少なく健康・快適な 暮しを目指す設計思想のことです。例えば採光計画の工夫で 夏は太陽の光を遮って涼しく、冬は取り入れて 暖かい住まいに。太陽光の熱量は掃き出し窓1窓で ストーブ1台分に相当すると言われています。

-POINT-ZEH(ゼッチ)とは???
★エネルギー収支をゼロとする住宅です★

ZEHE794BBE5838F.png
ZEHとは、ネット・エネルギー・ハウスの略です。 家の断熱性を向上させるとともに、 高効率な設備システムにより、室内環境の 室を維持しつつ大幅な省エネルギーを 実現した上で、再生可能エネルギー(太陽光発電システムなど) を導入することにより、家の エネルギー支出をゼロ以下とする 暮しのエネルギーの時給自足を目指した住宅です。

page_222_2.png


-POINT-G2グレードとは???
高水準の断熱性能の住宅です!

feature_01_15.jpg

HEAT20 G2グレードとは、暖房の省エネ性と冬の体感温度を 指標として推奨される外皮性能グレード。H25年省エネ基準の 住宅から約50%の暖房負荷の削減効果があるとされています。 また、冬の体感温度もおおむね13℃を下まわらないため、 室内空気汚染(カビ・結露)の抑制、ヒートショックなどの 温度ストレスも暖和されます。

feature_01_16.jpg


-POINT-C値とは???
★家のすき間がなく機密性能の高い住宅です★

feature_01_17.jpg

C値(相当すき間面積)とは、「家にどのぐらいのすき間があるか」 を示した機密性能の数値です数値が小さいほうが性能が 高いことを表し、木ミス性能が低いと上下温度差の原因にもつながります 高性能住宅における機密性能の目安はC値1.0以下私たちは全島において 機密測定を実施。性能報告書を作成し、お施主様にお渡ししています。

-POINT-耐震等級3とは???
★地震から家族を守る最高級の耐震住宅です★

feature_03_05.jpg


「パッシブZEH G2p+C値」に加え、暮らしの安心を
確保するため、大規模地震への備えとして、耐震性能の最大級である
耐震等級3の設計を推進しています。建築基準法の1.5倍の対維新性であり、消防署や
警察署など、防災のky店となる建物の耐震基準に相当します。
大切なご家族を自身から守り、より安全性の高い住まいを実現することができます。







これからの住まいは、スーパーウォール工法で
時代の先をゆく高性能住宅を。

concept_07.jpg
img_main.png
hd_zeh.png


スーパーウォールは、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造の住宅です。
「健康」「快適」「安心」「安全」を追求し、暮らしの質を最高水準まで高め、理想的な住環境を実現します。

2022年4月 8日

ご挨拶

IMG_1309.JPGこんにちは、昭和63年高校卒業後大工の修行をし、木造建築の施工から創業したKomasu工房、平成15年からおかげさまで15年以上にわたり地域の皆様とともに発展してまいりました。平成21年3月より株式会社Komasu工房を設立し「エビスハウス」と屋号を命名、注文住宅・建替え・リフォームを主に請け負っております。

現在、エビスハウスは、世界的なテーマとして語られている「地球環境に配慮した注文住宅」をモットーに着実に歩みをすすめ、ZEH(ゼロエネルギーハウス)・低炭素住宅を着実にこなし、関係各社との協力体制もより強固になり、お客様の信頼とご満足を第一に考えた、独自のシステムを構築しています。
この先も地域のより良い工務店であり続けるよう、お客様へのトータルサービスを考え、一人一人のニーズに合った新しい技術とノウハウをもって誠心誠意お答えしていきます。

全てはお客様と今後を担う子供たちのために・・・

e-bisu House by 株式会社Komasu工房 代表取締役社長 小升 繁